土地も家も安い滋賀へ移住の価値とは?

家賃程度の支払いで家が欲しい、京阪神在住の方へ。京都まで通勤できる滋賀県で、夢を叶える家を建てませんか?

土地も家も安い、滋賀はねらい目

家が欲しいと考えても、京都は土地も建築費も高い。
それに、土地から探して「希望を叶える家」を建てようと思っても、建築条件が付いていて、建売のような家しか建たない。
そんなことに不満を持っている方に、滋賀県への引っ越しを提案したいのです。

今、住んでる場所の近くで探したい?

永年住み慣れた今の家の近所に土地を買って、家を建てられたら最高かもしれません。しかし、借家の周辺は大抵、交通の便がいいので、土地も高い。

だから、戸建てを買えたとしても、「建売」が限界かも知れません。

それなら、思い切って、京都まで通勤できる距離の滋賀県に引っ越すというのは、どうでしょうか?

私は、滋賀県出身なので、滋賀の良い点、悪い点を知り尽くしています。その私が、「滋賀県への移住」のメリット、デメリットをナビゲートさせて頂きます。

滋賀県の引っ越しも、ありかも?
もし、そんな風に感じて頂けたら、地元大好きの私にとっては、望外の喜びです。

滋賀なら、この家が建つ

滋賀なら、こんな家が建ちます

たとえば、月々76,000円の返済で、土地50坪、建物35坪のマイホームが手に入ります。また、土地60坪、建物35坪でも、月々86,000円ほどの返済で、注文建築のマイホームが手に入ります。

頭金は、200万円で計算しています。

これは実際に京阪神から、当社の近くに移住されてきた方の住宅ローン返済額です。

これなら、家賃程度というのも、実感していただけると思います。
京阪神では有り得ない価格が、滋賀県なら実現できるのです。

京都や大阪なら、場所にもよると思いますが、土地25坪、家30坪ぐらいで、月々の返済額は軽く10万円を超えると思います。

滋賀なら、これも建つ

こんなメリットもあります

価格以外にも、滋賀に引っ越すことで、こんなメリットがあるのです。

  • 価格が安いので、広い土地が持てる
  • 土地代が抑えられるので、自然素材の家に出来る
  • 駐車場付の家にできる
  • 京阪神へのアクセスも、意外に便利
  • 子育てに適した自然環境がある

しかも、7年間住み続けることで、200万円もらえる町もあります。

といっても、田舎だから不便でしょ?

そう思われる方に変わって、調べてみました。

まずは、子育てに関してです。
地域にもよりますが、私の住んでいる高島市は、近所の保育園は待機児童ほぼ0です。通常4時までの保育の他、1時間延長しても、延長料金は、たったの100円だそうです。

土曜日の預かりもあるし、小学校も、学童制度が整っていて、共働きにはとても生活し易い環境なんです。

医療制度も整っているし、休日診療も充実しています。

買い物が不便とか、近所付き合いが面倒とか、土地探しの問題なども、しっかりと下調べをしておくことで、おおよそ解決できます。

豊かな自然が、当たり前

実をいうと、私も移住組の一人です

といって、実際は、Uターンです。
滋賀県生まれの私は、社会人の初期段階は、神奈川県で暮らしており、その後滋賀県に戻ってきました。

私の場合は、生まれ育った滋賀に戻ってくるということで、滋賀に対する不安はありませんでした。なぜ、滋賀に戻ったのか? それは、将来のこと、子育てのことを考えたからなのです。

もともと自然環境が豊かな滋賀県で育った私にとって、神奈川県の人の多さ、車の多さ、自然の少なさは暮らしにくかったのです。もちろん、神奈川の人には、それが普通かも知れません。

しかし、私の場合、家を建てようかと思った時、滋賀なら半額で建てられると考えたことも、大きな理由の1つだったのです。

当時住んでいた神奈川県のアパートのすぐ前で、建売が販売されましたが、30坪ぐらいの土地に、25坪ぐらいの家がついて、5,000万円だったのです。滋賀ならその半分です。

妻の友達が二世代ローンでその家を購入しました。それもびっくりでしたが、月々の支払い金額を聞いてまたびっくりしました。もちろんそれが良いとか悪いと言うことではなく、私自身、それに価値が見出せませんでした。

虫とりや、ホタル狩りに連れて行きたい

私にとってのマイホームとは、子供の頃育った滋賀の家が基準でしたので、どうしても5,000万も出してまで、神奈川に家が欲しいという気持ちになれなかったのです。

それよりも、滋賀に帰って、昔、親父と一緒に行った森に、カブト掴みに行ったり、びわ湖に釣りに行ったり、一緒に蛍を捕まえに行ったり、そんなことを自分の息子にも教えてやりたいと思ったのです。

なぜって? それは、今から30数年前、小学生だった私を、父親がつれて行ってくれたことを今も鮮明に覚えており、自分の息子にもまた同じ思い出を作ってやりたいと思ったからなのです。

思い出を作ってあげたい

妻も、本音は不安でした

しかし神奈川県に住みなれた妻にとって、滋賀への移住は、当初から賛成ではありませんでした。後で知ったことですが、妻は、全く知らない土地に移り住む不安、子育ての環境、友達ができるか、同じぐらいの子供がいるかなど等、やはり、沢山の不安を抱えていたのです。

その通りだと思います。

妻は、移住先の滋賀に住んだこともなければ、下調べも何もしていない。ただ、「滋賀に住みたい、僕の育った場所で子育てしたい」という、私のわがままを聞いてくれただけなのですから・・・

もっと事前に、滋賀へ来て、買い物は便利か、医療機関は休みの日もあいているのか、公園はあるのか、ごみの回収は何曜日、学校の数は、通勤は便利か、保育所は、待機児童は、延長保育はあるか、などなど調べておけば、もっと妻も滋賀へ来ることの不安を減らすことが出来た筈です。

でも、今振り返ると、私達の滋賀への移住は大成功だったと思います。
妻も、今では喜んでいます。

実は、こんな人が失敗します

滋賀県への移住に失敗し、京都や大阪など都市部に戻っていくというご家族も、たまにいらっしゃいます。しかしそれは、田舎暮らしに憧れて、滋賀でもかなり不便な山奥の別荘地などに住まわれたケースです。

いくら土地が安いといっても、地元の人も住まないような所ではさすがに不便です。

また、田舎に行けば行くほど、近所付き合いが多くなります。
もし、そういった近所付き合いをあまり好まない方にとっては、移住先をしっかり選ばないと失敗する原因にもなりかねないのです。

どちらの場合も事前の下調べ不足です。

なので、滋賀県への移住をお考えになった時には、どこに移住するか、その場所を決定することが成功の鍵となるのです。

滋賀といっても、京都や大阪ほどではないですが、人の多い地域もあれば、そうでない地域もあります。自分達がどんな暮らしをしたいのか、どんな子育てをしたいのかイメージし、移住場所を選定しなくてはなりません。

そして移住先で住む家を建てる業者を探さなくてはなりません。

移住の指南書(小冊子)作りました

私は自分が滋賀に移住してきた者として、自分の経験を元に、これから滋賀への移住をお考えの方に、どうすればうまく行くか、どんな所に注意するべきか、移住先の選定から、土地の探し方、資金計画から自然素材の魅力などについて、全てがわかる小冊子を作成しました。

なぜ、そんな小冊子を作ろうと思ったのか?

それは、私が滋賀への移住を考えた時、参考になる書籍がなかったし、相談する専門家がいなかったからです。そして、今現在も、滋賀県への移住にかかわる小冊子や書籍は、ほとんどないと思います。

子育てから買い物、土地探し、家作りまで、京阪神で家を建てることと比較して、どんなメリット、デメリットがあり、どうしたら、安心して、滋賀県への移住を成功させることが出来るのか? 私の経験と、調査に基づき、渾身の一冊を書き上げました。

住宅取得に関する税務、法律、住宅資金に関しても、銀行、司法書士、行政書士、不動産会社、設計事務所、税理士等の専門家とも連携を取っています。

滋賀県に引っ越して、豊かな自然の中で、大きな敷地に、大きな家を、家賃並みの返済額で手に入れたいとお考えの方、私が作った小冊子が役に立つと思います。

滋賀県移住を検討してみたいという方には、この小冊子をプレゼントいたします。
ご希望の方は、こちらからお申込みください。

移住の指南書(小冊子)

滋賀県への移住指南書(小冊子)希望の方は、こちら!

お電話でのお問い合わせ・ご相談:0740-25-7485

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら

失敗しない家づくりの秘訣

  • 大地工務店 HOME
  • 社長の飛弾です
  • 失敗しない家づくり
  • はなまるな家とは
  • 工務店のリフォーム
  • 施工事例
  • 本物の自然素材
  • お客様から頂いた声
  • 会社概要
  • スタッフの仲間
  • 自慢の職人さん
  • しっかりした仕事の証
  • イベント・お知らせ
  • 土地も家も安い滋賀へ移住の価値とは?
  • 大地工務店公式ブログ
  • 資料請求
  • お問い合わせ

お客様の声

  • 桑原さん
    (高島市安曇川町)

  • 山田さん
    (大津市八屋戸)

  • 上原さん
    (高島市新旭町)

  • 山口さん
    (高島市今津町)

  • 柳澤さん
    (高島市安曇川町)

  • K,Nさん
    (高島市城山台)

Facebook(飛弾 功次)

  • べっぴんハウス
  • アトピッコハウス